ものづくり特化の製品比較サイト

プリント基板

Information

多くの電子機器に内蔵されている「プリント基板」。製品の小型化や高機能化に欠かせない部品のひとつですが、種類や材質によって特性が異なるため、発注時には適切に判断する必要があります。

本ページではプリント基板の基本情報や種類、発注時の注意点、製品一覧などを解説しているので、プリント基板について知りたい方だけでなく、「プリント基板を製造する流れを確認したい」「プリント基板の発注先を探している」という方もぜひご覧ください。

プリント基板の基本情報

まずはプリント基板の基本情報として、定義や主要な材質について紹介します。

そもそもプリント基板って?

プリント基板(PCB:Printed Circuit Board)は、電子部品を結び付けて電気的に接続するための板状の素材です。電子部品を効率的に配置して信号や電力を適切に伝達するために設計されており、形状やサイズは多岐にわたります。基礎や土台を意味する「基盤」と混合して使用されることもありますが、電子回路を形成する工程においては「基板」が適切です。

プリント基板の主要な材質

プリント基板の製造には、「FR-1、2(紙とフェノール樹脂)」や「FR-4(ガラス繊維製の布とエポキシ樹脂)」などの材質が使用されます。FR-4は耐久性に優れており、多くの電子機器に用いられている材質です。一方、FR-2はコストが低いものの、耐熱性や耐久性はFR-4に劣ります。

プリント基板の使用用途

身の回りの製品だけでなく特殊な用途の機器まで幅広く用いられているプリント基板ですが、用途によって必要とされる性能が異なります。こちらでは使用用途を数パターンに分けて紹介しますので、自社が発注する際はどのパターンに当てはまるのか確認しましょう。

コンシューマー電子製品

日常生活で使用されるスマートフォン、テレビ、ラジオなどのコンシューマー電子製品には、プリント基板が使われていることがほとんどです。これらの場合は小型化軽量化などによって製品の大きさに適応できる基板が求められます。

産業用電子機器

産業用途では、制御システムやセンサー、ロボットなどにプリント基板が使用されます。これらの機器では、耐久性信頼性が求められるため、高品質な基板が必要です。

特殊用途(宇宙、軍事、医療等)

宇宙探査機器、軍事通信システム、医療機器など、特殊な用途で使用される電子機器にもプリント基板が活躍しています。これらのアプリケーションでは、極端な環境下での性能が重要です。

カスタムメイドや修理における応用例

特定の要件に合わせた設計が必要となる製品や既存の電子機器の修理にもプリント基板は使用されます。たとえばパターン間の距離がきわめて狭い基板や製造中止となった製品の基板など特定のニーズに合わせて対応。試作や部品の置き換えなどを行うことで、電子機器の製造や修理が可能です。

プリント基板の種類と特徴

プリント基板は電子機器の設計と機能において中心的な役割を果たすため、発注を検討する際は基板の種類と特徴を理解することが非常に重要です。ここではプリント基板の主要な種類とその用途、選択基準について詳しく解説します。

片面基板

片面プリント基板は、ひとつの導電層を持つ最も基本的なタイプです。これらは低コストでの製造が容易であり、シンプルな電子機器に適しています。たとえば、消費者向け電子製品やLED照明などに使用されます。

両面基板

両面基板は、両面に導電層があるタイプの基板です。片面基板よりも複雑な回路を実現でき、家電製品など多くの電子機器で広く使用されています。

多層基板

多層基板は、複数の導電層を持つ基板です。それぞれの層は絶縁材料で分離されていますが、3層以上にすることで高密度の配線ができ、高度な電子機器の製造が可能となります。多層基板はスマートフォンやコンピューターのような複雑なデバイスに使用されます。

リジッド基板

リジッド基板は、硬い素材で製造される、曲げることのできない基板です。電子機器の中で最も一般的に使用されるタイプで、固定しやすいことから実装が容易だとされています。

フレキシブル基板

フレキシブル基板は、柔軟性を持つ特殊な材料で作られた基盤です。曲げられることから、カメラのズームレンズや折りたたみ式電子機器などスペースが限られていたり動きが必要だったりする製品に適しています。

その他の種類

そのほかにも、リジッドとフレキシブルの両方を掛け合わせた「リジッドフレキシブル基板」や、放熱性に優れた「メタルベース基板」などがあり、さまざまな用途に対応できます。

各種類の用途と選択基準

プリント基板の種類を選ぶ際には、使用される電子機器の複雑さ、必要な柔軟性、耐久性、コストなどを考慮することが大切です。たとえば片面基板はコストが最も低く、シンプルなアプリケーションに適していますが、複雑なデバイスには多層基板やリジッドフレックス基板が必要になることがあります。プリント基板を取り扱う企業によっては、設計から請け負っているところもあるため、製造する製品に適した種類から相談してみるのもおすすめです。

プリント基板の製造工程

プリント基板の製造は精密な設計と工程によって行われますが、どのような製造工程を経て完成するかで品質は変わってきます。企業のなかには幅広く対応しているところもありますが、求める品質に基づいて「どの技術を採用している企業にお願いするか」を判断することは非常に大切です。こちらではプリント基板の製造工程を簡単に紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

基板設計の基本

プリント基板の製造は、詳細な設計から始まります。設計プロセスでは、電子回路の機能要件を満たすために回路の設計や配置する部品の選定、配線のルート設定などを実施。設計者は、電子設計自動化(EDA)ソフトウェアを使用して、回路図をもとに基板のレイアウトを作成します。

製造工程の概要

プリント基板の製造工程は、基板材料の準備や不要な銅の除去、穴あけ、めっき、部品の取り付けなど、複数のステップで構成されます。これらのプロセスは、基板の種類や設計によって異なります。

工業製造と自作の違い

工業製造では、高度な自動化設備と厳格な品質管理が特徴です。大量生産に適しており、一貫した品質と高い信頼性を実現します。一方、自作の場合は個人や小規模なプロジェクト向けで、手作業や簡易的な設備を使用します。コストは低いですが、複雑なデザインや高精度を要求するアプリケーションには不向きです。

プリント基板の発注先・メーカー選び

製造業においてプリント基板の発注は製品の品質と性能に直接影響を与える重要な工程ですが、大量生産を得意とするか、小ロットかつ多品種に対応できるかなど企業によって生産能力はさまざまです。適切な発注先・メーカーの選定はプロジェクトの成功に不可欠なので、発注時の注意点や国内のおすすめ発注企業、カスタムオーダーのプロセスについて解説します。

発注時の注意点

プリント基板を発注する際には、発注先の技術力と信頼性、実績を確認し、製品の品質基準、納期、コスト、アフターサービスなどを事前に明確にしておくことが重要です。また、製造する基板の用途や性能要件に合わせた適切な材料・製造プロセスを提案してくれるかどうかも発注先を選ぶ指標にしましょう。

国内のおすすめ発注企業

日本国内には、京セラ株式会社や株式会社メイコー、日本メクトロン株式会社など高品質なプリント基板を製造する企業が多く存在します。いずれも高い技術力と信頼性で知られていますが、メイコ―はリジッド基板、日本メクトロンはフレキシブルプリント基板など各社の強みはさまざまです。また、双和電機株式会社のように小ロット・多品種少量生産を得意とする企業もあります。

カスタムオーダーのプロセス

カスタムオーダーのプリント基板を発注する場合、まずは詳細な仕様と要件を明確にすることが必要です。これには、基板のサイズや層の数、使用する材料などが含まれます。発注先との密なコミュニケーションを通じて設計図や試作品の確認を行い、最終的な製品が要件を満たしていることを確認します。

メーカー選びチェック項目

プリント基板の発注先を選ぶ際、特に意識したいポイントは以下のとおりです。

  • 技術力や専門知識があるか
  • 製品の品質基準を満たすか
  • 希望納期に間に合うか
  • 過去の実績はあるか
  • コミュニケーションに問題はないか

細かく分けると対応可能な基板のサイズ・層や部品調達が必要かどうかなども異なります。得意とする分野もさまざまなので、事前に必ず確認するようにしましょう。

プリント基板のメーカー比較・資料請求はこちら!

プリント基板の発注先を選ぶ際には、複数のメーカーを比較検討することが重要です。各メーカーの製品仕様や価格、納期、サポート体制などを比較することで、最適な選択が可能になります。

企業のカタログにはプリント基盤の発注に役立つ情報が掲載されているので、プリント基板の発注を検討している場合は、ぜひ資料請求を活用して最適な発注先を見つけてください。

キーワードから探す

プリント基板の製品一覧

対象製品24製品 1〜24件 を表示

双和電機株式会社は、小ロットに特化した産機専門の基板実装会社です。平均ロット数は約20台、年間4,000機種の生産実績がありながら、資材の自己調達比率は90%を超えています。 この体制を実現しているのは、自社開発の生産管理システム。様々な情報をデータベースで一元管理することで、調達品の入荷状況や生産中止などの情報を社内全体で即時共有できるほか、お客様への納期回答や、生産計画に必要な情報を提供可能です。

「ローレットツマミ」は、株式会社廣杉計器が提供している部品のひとつです。上部に凹凸の切り込みが入っているため、手作業でのネジの締め付けや緩めが頻繁に必要とされる箇所に適しています。同社はさまざまな形状・素材のローレットツマミを製造しており、多様なニーズに対応。あらかじめワッシャーが組み込まれた製品もあり、作業の手間を軽減できます。

「基板用端子」は、株式会社廣杉計器が製造販売しているプリント基板用の部品です。同社は多様な形状の基板用端子を用意しており、幅広い用途に対応。材質も快削黄銅やPBT、PTFEなど、加工性や耐久性の高い材料で作られており、長期間にわたる安定した性能が期待できます。

「ポリスライダーワッシャー」は、プリント基板や機構部品を数々手掛ける株式会社廣杉計器が製造販売している製品です。部品同士が接触する部分に使用することで摩擦を減らし、異音の減少や可動部分の耐久性を確保できます。同製品はナイロン樹脂と黒鉛を組み合わせた「ポリスライダー」を材質としており、荷重による変化が生じづらい点が特徴です。

ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ株式会社は、高密度・高多層化技術を活用した製品の軽薄短小化と機能強化を実現しています。たとえば3D実装技術(PoP実装)を用いて基板の小型化に貢献し、高密度実装技術で小型チップ部品の狭隣接実装に対応。また、品質管理とコスト削減のバランスにも優れており、試作と大量生産の両方を可能にしています。

「LDN-400/400N/5400/5400N」は、株式会社廣杉計器が製造販売しているLED取付用のスペーサーです。いずれも丸型LEDを取り付けるためのスペーサーですが、「LDN-400/400N」は2本足用、「LDN-5400/LDN-5400N」は4本足用として作られています。素材はいずれもナイロン66で、RoHS(ローズ)指令に対応している点も特徴です。

「黄銅ローレットナット」は、株式会社廣杉計器の提供する部品のひとつです。ネジの頭部に凹凸の切り込みを細かく入れる(=ローレット加工)ことで、ネジ締めの作業を手で行うことができます。「黄銅ローレットナット」は黄銅に鉛を加えた快削黄銅が素材の製品。快削黄銅は削りやすさに優れており、ツバ付きや段付きなど豊富なバリエーションが用意されています。

「LED取付用スペーサー」は、プリント基板にLEDを取り付けるために用いられるスペーサーです。LEDの高さを一定にするだけでなく、リード線の保護や絶縁などにも役立てられています。株式会社廣杉計器は基板用の部品を数多く取り扱っており、「LED取付用スペーサー」についても丸形や角型、連続取付用など豊富な種類を用意。細かなニーズに応えるラインナップで、基板の安定性向上に貢献します。

「LDZ-800/LDZ-800P」は、プリント基板用の部品を数多く販売している株式会社廣杉計器が提供するLED用の取り付けスペーサーです。この製品を利用することでLEDの高さを均一にすることができ、基板の安定性を高められます。「LDZ-800」はPBT(ポリブチレンテレフタレート)、「LDZ-800P」は熱可塑性ポリエステルエラストマーで作られており、耐久性や耐熱性に優れている点が特徴です。

「LDZ-C」は、株式会社廣杉計器の販売するLED取り付け用のスペーサーです。プリント基板にLEDを固定するための部品であり、特に丸型および角形のLEDに使用できます。同製品は10連結タイプですが、必要に応じて任意の数でカットすることが可能。RoHS(ローズ)指令にも対応しており、環境対策としても活用できる製品です。

「鉛レス黄銅スペーサー」は、株式会社廣杉計器の提供するプリント基板用の部品です。環境に配慮した素材を使用しながらも、強度や切削性、耐腐食性などに優れている点が特徴。両メネジスペーサーやオネジメネジスペーサー、中空スペーサーなどバリエーションも豊富にあり、多用途に対応します。

「導電性ペースト/厚膜導体・絶縁ペースト」は、東京都にあるテクノアルファ株式会社が提供しているアメリカ・KOARTAN社のプリント基板用材料です。電気を通す特性を持つ導電性ペーストや不要な電気的接触を防止できる絶縁ペーストなどを販売しています。また、小ロットの要望にも応えることができる点も特徴。製品ラインナップも豊富にあり、多様なニーズに対応します。

「高周波基板」は、神奈川県に本社を構える株式会社SDKが提供するサービスのひとつです。高速デジタル基板とアナログ高周波基板の2つを用意しており、製作実績も豊富にあります。また、顧客の仕様条件に基づいた材料の選定と基板の設計を行う点も特徴。顧客満足度の高い製品の提供を実現します。

「LDZ-R/LDZ-T」は、プリント基板用の部品を多数取り扱っている株式会社廣杉計器が販売するLED取り付け用のスペーサーです。「LDZ-R」は頭径3φと5φのLEDに対応しており、2~3段に重ねることができます。また、「LDZ-T」は45度型でLEDを斜めに取り付けることが可能。最大で10つまで連結でき、カット工具なしで簡単に分割できる点も特徴です。

「銅張積層板」は、中興化成工業株式会社の提供する高周波基板です。ふっ素樹脂フィルムやふっ素樹脂含浸ガラスクロスを積層加工し、その片面あるいは両面に電解銅箔を熱融着させています。独自の技術によって厚みや誘電率の正確性を高めており、衛星通信や自動運転道路システム、人工衛星搭載機器など多様な業界で採用されています。

「MR4050ZP」は、名菱テクニカ株式会社の手掛けるルーター式基板分割機です。JFE商事エレクトロニクス株式会社は実装プロセス事業におけるソリューションのひとつとして、同製品を提供しています。「MR4050ZP」は、ガラスエポキシやCEM-3、FR-4などの材質でできた基板の分割が可能。小型で複雑な形状にも対応しており、プリント基板の破損リスクを低減できます。

株式会社ユニクラフトは、プリント基板製造やアルミ基板製造だけでなく「メタルマスク製造サービス」も提供しています。価格は枠なしの板のみで税別9,800円から。レーザーによる精密な加工を行っており、多様なサイズに対応しています。製造国は中国と日本の2パターンあり、日本であれば4営業日ほどで納品可能です。

千代田交易株式会社の「ツクリカエル」は、メーカーの製造中止などによって修復が困難になった基板を復刻するサービスです。製造がストップになった基板であっても現物があれば対応できるため、新しく機械・装置を購入するコストを抑えることが可能。製造廃止の部品や入手が難しい部品があった場合は、国内だけでなく海外からの調達も行っています。

千代田交易株式会社の「ヨミガエルⓇ」は、プリント基板の修理および予防保全に特化したサービスです。メーカーのサポートが終了した製品や海外メーカーの製品なども取り扱っており、修理対応することで設備更新にかかるコストを削減できます。また、基板の劣化部品を事前に診断し、必要に応じて交換対応を実施。基板の耐用年数を延ばすだけでなく、突発的なトラブルの防止や故障のリスクを軽減可能です。

「トリカエル」は、東京都千代田区に本社を構える千代田交易株式会社が提供しているFA機器の販売サービスです。生産や販売が終了したFA機器を多数取り扱っており、発注者は未使用品や中古品を手に入れることができます。対象業種は半導体や液晶、医薬品、電子部品など多岐にわたり、対応製品やメーカーも多種多様。引き合いから納品まで最短1週間で完了でき、製品トラブルによる業務停止期間などを低減できます。

「LDN-R/LDN-C/LDN-T」は、プリント基板用の部品を取り扱う株式会社廣杉計器が販売している丸型用のLED取付スペーサーです。LEDを固定することで高さを均一に保つ役割があり、プリント基板のレイアウト設計や組み立て工程で重要な役割を果たします。また、リード線の絶縁や保護、倒れ防止なども目的としており、プリント基板の安全性向上に貢献する点も特徴です。

「WN-00C」は、プリント基板用の部品などを取り扱う総合メーカー「株式会社廣杉計器」が提供するスペーサー(基板同士の間隔を維持するための部品)です。材質はナイロン66で、ワンタッチで取り付けられる点が特徴。材料の燃焼特性を評価する規格である「UL94V-2」を満たしており、さらに1.82Mpaの圧力を受けた状態で75℃の温度に達すると変形が生じる程度の強度なので、条件を満たした環境であれば安心して使用できます。

合同会社先端技術研究所は、超小型衛星用のオンボードコンピュータであるCSPを提供しております。CSPは、Zynq-7020プロセッサを搭載したシングルボードコンピュータであり、超小型人工衛星やCubeSatに適した低消費電力で高性能な性能を備えています。また、耐放射線仕様であり、画像処理や信号処理、C&DHなどの用途に使用することができます。

千代田交易株式会社は、プレート式熱交換器のお悩みを解決するためのメンテナンスサービスを提供しています。消耗品の交換からピンホールチェック、プレート入替、性能診断など、お客様のニーズに合わせたサービスを提供。スペアパーツの提供やリコンディショニング、プレートの入れ替えなど、幅広いメンテナンスサービスで、全メーカーのプレート式熱交換器に対応しています。