ものづくり特化の製品比較サイト
キーワードから探す

科学・理化学機器の製品一覧

対象製品816製品 1〜30件 を表示

・切粉破砕機は、工作機械の機外チップコンベヤの排出口に設置して使用します。 ・切粉は排出口から破砕機内に落下し破砕されます。 ・切粉が破砕機で細かく破砕されることで、全体の容積が減ります。 ・設置場所に合わせてホッパ形状、架台、脚寸法の変更にも対応します。 ・設置環境や破砕能力に応じた様々なオプションを準備しています。

熱衝撃に強く、耐冷熱サイクルに優れ、発塵要素のないクリーンなヒーターです。従来のバッチ式乾燥から連続式の遠赤外線ヒーターによる加熱に変更することで、大幅な時間短縮が可能です。遠赤外線ヒーターによる乾燥は、絶乾に近い乾燥が狙えます。熱衝撃に強いセラミックを使用しているため、密着配列が可能です。施釉してあるのでクリーンルームで使用できる発塵のない製品となっています。

独自のフィン形状によって伝熱効率を向上させ、コンパクトで低価格ながらも高い性能を追求した製品です。耐食性や耐熱性、強度に優れたステンレス素材を使用し、長寿命でメンテナンスも容易にできます。産学連携による技術革新によってフィンの密着度を改良し、能力を向上させることに成功しました。銅管・鋼管の腐食や腐食環境下での寿命の問題を解決し、クリーンな使用環境にも適しています。

『乳化・分散機』は、高速回転のローター/ステーター方式を採用し、国産品では満足できなかった分散・均質化を可能にします。さまざまな科学・理化学機器に使用できます。

株式会社エージェンシーアシストは、マシナリー事業において超音波洗浄装置の設計から据付までを行っています。特にオイルフィルター塗装用カップの洗浄装置は、ポンプ台、タンク、配線ラック、超音波発振器設置棚などの簡潔な構造を持ち、低コストで高パフォーマンス。株式会社エージェンシーアシストでは溶剤洗浄や純水洗浄など、用途に応じた洗浄装置も提供しており、洗浄工程の自動化と品質向上による省力化を実現しています。詳細については会社案内のPDFをご覧ください。

「回転式小型蒸留装置」は、操作しやすい回転式の蒸留装置です。JIS K 0102:2019の工場排水試験方法に準拠し、各ヒーターの設定、ガラス器具の取り外しを正面から行うことができます。また、水蒸気発生チューブから試料側チューブへの蒸気の導入・遮断はテフロンコックにて簡単に切り替え可能。この装置は1台でシアン、ふっ素、アンモニア、フェノールの蒸留が行え、ふっ素の場合は任意の蒸留温度に自動で調節することもできます。一般的なドラフト内に設置可能。詳細はPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせください。

株式会社ウェルの大気圧プラズマ装置、MyPL-Autoシリーズは、独自のリアクターヘッドによって大面積エリアに高密度プラズマを発生させることが可能です。半導体ICパッドのクリーニングから大型ワーク(ガラス基板等)の量産インラインシステム構築に適しており、設備投資とランニングコストの低減を実現します。詳細はURLからお問い合わせください。

「メッキンパック ATCMシリーズ」は、貯水槽内の残留塩素濃度を測定し、自動で追加塩素を注入する自動塩素注入装置です。貯水槽容量・使用量に関係なく常時目標塩素濃度に制御し、精密な制御で次亜の過剰注入を防止し、塩素臭も低減します。また、省スペース設計で設置が容易であり、捨て水なしのエコ設計も特長です。詳細はPDF資料をご覧いただくか、お問い合わせください。

フリッチュ・ジャパン株式会社の実験用粉砕機「遊星型ボールミル」は、自転と公転を組み合わせた微粉砕技術により、高品質かつ短時間で試料を作成することができます。専用容器のSelf-Lock Systemを採用することで安全性が向上しており、容器の内部には自動的にチェックが行われるため、安全かつ効率的に使用することが可能。さらに、乾式・湿式の両方に対応し、酸化しやすい金属や爆発の危険を伴う試料にも対応するための雰囲気制御装置も備えています。様々な粉砕条件や測定データの取得が可能。容器材料や容器容量も選択できるため、幅広い用途に対応しています。詳細は総合カタログをご覧いただくか、お問い合わせください。

「GENE PREP STAR PI-480α」は、多様なサンプルに対応するDNA自動分離装置です。使い勝手を追求した操作性と簡便性から、多くの研究室で使用されています。最大48サンプルまで処理可能。大腸菌培養液からのプラスミドDNAや、様々な動物組織、植物組織に対応し、生物種や組織種に応じた処理方法を提案します。多検体の同時処理も可能で、フレキシブルなパラメーター設定が可能です。詳細はPDF資料をご覧いただくか、お問い合わせください。

プロラインクライオマットは、プロラインシリーズの中でも特に大きな水槽を装備したモデルで、操作性に優れた高性能超低温循環恒温水槽です。設置面積は小さいのですが、大きな開口面積と強力な冷却能力を持ち合わせており、大型サンプルの浸漬や作業効率の向上に役立ちます。また、-90℃までの超低温タイプもあり、金属材料の低温脆化試験や電子部品の低温特性試験などにも好適です。

「TMSシリーズ」は、TMC型と超音波ユニットをドッキングさせ、超音波微振動により、材料の分散と網の目詰まりを除去するため微粉末のふるい分けに適した製品です。スイープ振動により、従来機の1.5倍の処理能力を実現し、材料温度80℃まで処理ができます。また、コンバーターの着脱部が非接粉のため清掃が容易であり、タッピングボールを使用しないクリーンなふるい分けが可能です。詳細はPDF資料をご覧いただくか、お問い合わせください。

株式会社STEER JAPANが製造する製薬向けの造粒機「インテグラアル」は、研究サイズおよび臨床用品向けにサイジングと乾燥を同時に処理することができます。APIパウダーから圧縮可能な均一な顆粒を短時間で供給し、設備スペースおよび作業時間を削減。異なるニーズにも簡単に適応することができる多用途な機器となっています。詳細はPDF資料をご覧いただくか、お問い合わせください。

「ロングチップ」は、細長い試験管の深くまで到達し、細く深い容器やその他のアプリケーションに吸引や分注が可能な理化学機器です。レイニンピペットで使用する際にはピペッティング精度に影響せず、狭いセプタムで定常的に使用されています。豊富なサイズ・モデル・パッケージオプションがありますので、詳細はPDF資料をご覧いただくか、お問い合わせください。

「ULREA(アルリア)」は、マイクロスフェアやナノスフェアといった微粒子の連続合成が可能なマイクロリアクターです。1~30μmの間隙を反応場とすることで、反応時間の短縮や収率の向上を実現しました。さらに、フローシステムでの閉塞の問題も解決しています。標準機種に加えて、実験に適した卓上機や量産装置もラインナップ。研究・開発から量産まで確実なスケールアップが可能です。マイクロスフェアの均一な内包や微粒子の作製、コンタミリスクの低減、反応生成物の高収率など、様々な特長も持っています。詳細はPDF資料をダウンロードいただくか、お問い合わせください。

窒素ガス発生装置なら、原料費ゼロでボンベ交換も不要。手間と費用の双方を削減でき、食品包装工程で発生する課題に対する解決策となります。食品を包装する場合、「酸化防止」「風味保持」「鮮度保持」「防虫」「菌の増殖防止」のために窒素ガスを封入したり、脱酸素剤を使用したりすることが必要です。例えば、窒素ガスや脱酸素剤の月々の費用が高額な場合、窒素ガス発生装置を導入することで大幅なコスト削減が可能となります。詳細は資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせください。

安全・環境・省エネを重視する株式会社サタコの「HND-4640B」は高圧窒素ガス発生装置で、窒素ボンベの代用として使用できます。100Vの電源があれば空気から高圧の窒素ガスを供給することができ、現場でのボンベの搬送や交換の手間を省くことが可能です。気密試験などに使用されています。詳細な情報はお問い合わせまたはカタログをご覧ください。

Thermo Fisher Scientific K.K.の「SOLA SPEカートリッジおよびプレートテクニカルガイド」では、フリットのないSPEによりクリーンで一定の回収が可能となり、優れた再現性を実現する固相抽出(SPE)の特徴や利点を紹介しています。さらに、SOLAの一般的な抽出手順や製品情報も掲載しており、PDF資料をご覧いただくか、お問い合わせください。

粉体や液体の一時保管用に最適なSUS316L製ステンレスタンクです。さびにくく、耐塩酸・強酸・強アルカリなどに優れた耐食性を持っています。また、海水などに対しても耐孔食性があり、溶接部付近の腐食にも強い耐粒界腐食性があるのが特長です。底の角は汚れが溜まりにくく衛生的なR構造になっており、取り扱いも便利。SUS316L製の蓋も付属しています。

フリッチュ・ジャパン株式会社の電磁式実験用微粒粉砕機「P-0」は、垂直運動方式を採用した粉砕機です。毎分3000~3600回の振動により、試料を粉砕することができます。乾式や湿式粉砕だけでなく、液体窒素を使用した凍結粉砕も可能で、特に食品や生体系試料に有効です。さらに、アスベストの分析前処理にも対応しています。重い材質を使用すれば、より効果的な粉砕が可能です。詳細はPDF資料をご覧いただくか、お問い合わせください。

ユニークな構造により高効率・高冷却を実現したMicroMediaは、ナノレベルの粉砕・分散用に開発された湿式ビーズミルです。50ナノ以下の粉砕・分散を実現し、極小ビーズを使用した大流量での循環運転も可能。金属コンタミも抑制し、高品質な粉砕・分散を実現します。詳細はカタログをご覧いただくか、お問い合わせください。

精密分散機・撹拌機・乳化機「クレアミックス バッチ連続システム」は、バッチ処理と比較して短時間で均一に微粒子化が可能。小容量のベッセルに液体を送液し、完全液封条件での循環運転を行います。自由界面がないため空気の巻き込みがなく、投下エネルギーを完全に分散・乳化。また、キャビテーションコントロールによって空洞化現象を防止し、処理物を効率的に分散・乳化することができます。さらに、温調コイルの設置ができるため、温度管理も可能です。既設タンクへの接続にも対応しています。お気軽にお問い合わせください。

アドバンテック東洋株式会社の恒温培養器、TVA/TVNシリーズは、エアジャケット方式での加熱により庫内温度の均一性に優れています。内扉は強化ガラス製で二重扉構造を備え、急激な温度変化を抑えつつ庫内の観察が可能です。安全機能と独立過熱防止装置も装備しており、二重に過熱を監視し防止します。お問い合わせまたはカタログのダウンロードにて詳細をご確認ください。

化工機商事株式会社が開発した紫外線照射装置「空気除菌ユニット」は、コロナ・インフルエンザなどの感染症対策に最適な製品です。空気中のウイルス、バクテリア、細菌をUV-Cを照射することでDNAを変質させ、増殖を抑制します。ファンで取り込んだ空気に紫外線を照射し、6畳間を3~5時間で除菌。24時間稼働で1か月約300円の低コストです。スリムな筒型で置き場所に困ることなく、軽量なため女性でも持ち運びが簡単。スイッチ1つで簡単に操作でき、届いたその日から利用できます。お問い合わせはURLからお願いします。

ワッティー株式会社は、科学・理化学機器の製造を手掛け、クラス100、1000のクリーンルーム内で一貫生産。「ガス供給ユニット」を提供しています。配管グレードは、SUS316L BA、EP(WEP)で、φ1/8、φ1/4、φ3/8、φ1/2インチの配管径に対応。さらに、豊富なバックデータを持ち、溶接配管および特殊ガス用溶接配管の製作にも対応しています。短納期や少量製作にも対応しており、詳細についてはPDF資料をご覧いただくか、お問い合わせください。お問い合わせ先TEL:相模原事業所 042-704-5352、MAIL:info@watty.co.jp

「OSK 50NTECO-M」は、優れたコストパフォーマンスで、置き場所をとらないコンパクトなサイズの酸蒸留器です。通常品質の酸を高純度に蒸留して必要な時に必要な量だけ蒸留することが可能。研究予算の削減や作業の効率化に貢献します。耐久性抜群のPTFEおよびPFA素材を使用し、清掃も容易です。外付けの冷却器は不要で、最大量800mlの酸性液を調整可。非接触式赤外線ヒータは交換可能で、フッ化水素にも対応しています。詳細はPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせください。

大川原化工機株式会社のBDPシリーズスプレーバッグドライヤは、ファインセラミックスの造粒・乾燥に最適な乾燥機器です。特殊なろ布による乾燥は簡単に行え、交換用の特殊ろ布も用意しています。また、特殊ろ布は洗濯機で洗浄可能でき、洗浄性が向上しました。詳細はお問い合わせまたはカタログをご覧ください。

三菱化工機の「三菱セルフジェクター」は、燃料油や潤滑油、クーラントの清浄用として使用される分離板型遠心分離機です。高い分離能力を持ちながら、カードリッジ交換作業が不要なため、装置保全の作業効率も向上します。さらに、部品即納体制や充実したアフターサポートも提供。潤滑油やクーラント液の性能劣化を防ぎ、使用時間を延長することで、新液補給量を減少させる効果があります。

真空遠心掃除機「GH9V」は、アメロイドの遠心分離技術を搭載したクーラントタンク専用の掃除機です。工作機械のクーラントタンクに堆積する研磨粉やカール状切粉、砥粉をクーラントごと真空吸引し、強力な遠心力でキレイに清浄化します。クーラント液の質も向上させ、工数や交換周期の削減に貢献。また、移動も簡単で一人で扱いやすい特徴も備えています。詳細はお問い合わせ、またはカタログをご覧ください。

ウエハー用インゴットなどを製造する半導体、太陽電池業界において、シリコン加工排水からのスラッジ回収は重要な課題です。ジー・フォース ジャパン株式会社のMG-50W型全自動遠心分離機は、最大遠心力3000Gで粒径3μm以上99%の精度で濾過分離し、回収スラッジの簡単な破棄や再利用が可能。含水率27%以下の達成も実現し、固く締まったスラッジも効率的に回収できます。シリコン加工機の寿命延長や不良率削減をお考えの方は、ぜひご相談ください。