ものづくり特化の製品比較サイト
キーワードから探す

センサの製品一覧

対象製品11製品 1〜11件 を表示

色識別センサは、測定した表面色を目標色と比較して識別することができます。豊富なセンサバリエーションがあり、FA産業や薬品の包装、品質管理、塗装、ラベル印刷機など様々なアプリケーションで使用可能。Tech-In機能や簡単な初期調整により、品質管理を効率化することができます。確度の高い色の測定が可能です。問い合わせいただくかPDF資料をご覧いただくことで詳細をご確認いただけます。

当社は、レトロフィットな各種センサーを活用し、既存の設備に後付けが可能なセンサーを提供しています。これにより、お客様の製造現場を簡単にIoT化することができます。機械の振動を測定してトラブルの予知・予防保全を行うセンサー「コナンエアー」や、電流や周波数を測定して稼働状況を可視化する「IoT電流センサユニット」などを活用し、時系列データをマネジメントシステムと接続します。大規模な工事や設備の入れ替えをすることなく、製造現場のIoT化を実現できます。

制御・電機機器やFA機器に使用されるセンサを提供しています。当社が取り扱う製品は、変位、距離、位置測定を実現する機能を持っています。「optoNCDTセンサ」は、非接触の高精度レーザ変位計センサであり、さまざまな産業分野で使用される光学三角測量の原理を用いています。また、コントローラとセンサで構成された「confocalDTセンサシステム」や、長距離測定が可能な「optoNCDT ILR」など、幅広いセンサを提供しています。これらの製品は、豊富な測定レンジ、長い測定距離、高い分解能、優れた直線性、早い測定レートといった特長を持っています。

「2D/3D形状測定プロファイルセンサ」は、光学三角測量の原理を用いて、2Dおよび3Dの形状プロファイルを高精度かつ高速に測定することが可能です。さらに、光学式マイクロメータや光ファイバセンサなどの製品も取り揃えております。光学三角測量の原理、高性能シグナルプロセッシング、トリガーや同期測定などの特長があり、さまざまなカスタマイズにも対応しています。

『コナンエア―』は、自動測定、自動データ記録により人が行う巡回点検等の労力を削減することができるWi-Fi振動モニタリングシステムです。アプリ不要、ウェブブラウザーで初めての方も手軽かつ簡単に測定ができます。多くの人の悩みに対応した自慢のセンサーで、設備の予防保全(健康診断)や予知保全のニーズに応えます。テスト診断用無料貸出機もご用意しております。

『OSK 50MN116』は、高精度で信頼性の高い風向/風速センサーです。価格が安く、組立が簡単で耐海水性もあります。ハウジングシャフトとの断熱構造により消費エネルギーを少なく抑え、幅広い測定範囲、温度範囲に対応しています。非接触性の磁気式測定原理により初期値を正確に計測します。

Micro-Epsilon Japan株式会社は、50年以上の経験とノウハウを持ち、様々な測定原理に基づく標準センサに加え、特殊なアプリケーションに対応するカスタマイズセンサを提供しています。純粋な変位計や位置検知を実現する製品で、自動化品質管理を効率的に達成可能。製品の高性能・高品質をお約束し、既設あるいは新設の生産ラインでの品質管理にお手伝いします。

『サーモモニタリン』は、無線サーモセンサを活用して量産金型の熱だまりをリアルタイムに検知するシステムです。金型表面の温度を赤外線サーモカメラでセンシングし、データは無線で送信されてパソコン上にサーモグラフィ形式で表示されます。金型の熱だまりを視覚的に確認し、警告通知も可能です。無線式のため取り付けが簡単で、最大で8台の設備を一括監視することができます。また、自動撮影にも対応。

『PMシリーズ』は、振動に強くて粉塵の侵入もなく、ケーブルからの応力にも強い「樹脂一体成型」設計を採用しています。内部回路を保護するための保護回路も標準搭載されており、トラブルを未然に防止することができます。さらに、他社製品との互換性もあり、短納期の場合でも対応可能です。

本質安全防爆構造(iaIICT6)を持つ2線式磁気近接スイッチです。可動部品がなく、長寿命かつメンテナンスフリーで使用可能です。高感度であるため、強い発磁体を使用せずに検出できます。温度特性に優れ、高い耐ノイズ性を持つ安定した近接スイッチです。防爆構造や検出距離などの特長を持ち、危険場所での使用に適しています。

『miRadar 8 Handy』は、「中小企業優秀新技術・新製品賞」の優秀賞を受賞した手のひらサイズのバイタルセンサーです。心拍・呼吸・体動の情報をリアルタイムに計測しグラフ表示します。介護・看護用途やウェルネス・フィットネスなどに利用でき、犬や猫の心拍・呼吸も計測可能。さらに、通信機能を使用すればデータをクラウドサーバーに保存可能。