ものづくり特化の製品比較サイト
キーワードから探す

粉体機器の製品一覧

対象製品139製品 1〜30件 を表示

・切粉破砕機は、工作機械の機外チップコンベヤの排出口に設置して使用します。 ・切粉は排出口から破砕機内に落下し破砕されます。 ・切粉が破砕機で細かく破砕されることで、全体の容積が減ります。 ・設置場所に合わせてホッパ形状、架台、脚寸法の変更にも対応します。 ・設置環境や破砕能力に応じた様々なオプションを準備しています。

フリッチュ・ジャパン株式会社の実験用粉砕機「遊星型ボールミル」は、自転と公転を組み合わせた微粉砕技術により、高品質かつ短時間で試料を作成することができます。専用容器のSelf-Lock Systemを採用することで安全性が向上しており、容器の内部には自動的にチェックが行われるため、安全かつ効率的に使用することが可能。さらに、乾式・湿式の両方に対応し、酸化しやすい金属や爆発の危険を伴う試料にも対応するための雰囲気制御装置も備えています。様々な粉砕条件や測定データの取得が可能。容器材料や容器容量も選択できるため、幅広い用途に対応しています。詳細は総合カタログをご覧いただくか、お問い合わせください。

「TMSシリーズ」は、TMC型と超音波ユニットをドッキングさせ、超音波微振動により、材料の分散と網の目詰まりを除去するため微粉末のふるい分けに適した製品です。スイープ振動により、従来機の1.5倍の処理能力を実現し、材料温度80℃まで処理ができます。また、コンバーターの着脱部が非接粉のため清掃が容易であり、タッピングボールを使用しないクリーンなふるい分けが可能です。詳細はPDF資料をご覧いただくか、お問い合わせください。

株式会社STEER JAPANが製造する製薬向けの造粒機「インテグラアル」は、研究サイズおよび臨床用品向けにサイジングと乾燥を同時に処理することができます。APIパウダーから圧縮可能な均一な顆粒を短時間で供給し、設備スペースおよび作業時間を削減。異なるニーズにも簡単に適応することができる多用途な機器となっています。詳細はPDF資料をご覧いただくか、お問い合わせください。

フリッチュ・ジャパン株式会社の電磁式実験用微粒粉砕機「P-0」は、垂直運動方式を採用した粉砕機です。毎分3000~3600回の振動により、試料を粉砕することができます。乾式や湿式粉砕だけでなく、液体窒素を使用した凍結粉砕も可能で、特に食品や生体系試料に有効です。さらに、アスベストの分析前処理にも対応しています。重い材質を使用すれば、より効果的な粉砕が可能です。詳細はPDF資料をご覧いただくか、お問い合わせください。

ユニークな構造により高効率・高冷却を実現したMicroMediaは、ナノレベルの粉砕・分散用に開発された湿式ビーズミルです。50ナノ以下の粉砕・分散を実現し、極小ビーズを使用した大流量での循環運転も可能。金属コンタミも抑制し、高品質な粉砕・分散を実現します。詳細はカタログをご覧いただくか、お問い合わせください。

「ミクロシフター」は、粉体を空気の流れに乗せスクリーンを通過させるユニークな分級機です。比重選別機構を内蔵した新開発のファン無しタイプは、高精度の分級や選別を可能にしました。粉粒体の分級にはふるいや風力分級機が一般的ですが、「ミクロシフター」はこれらとは異なる方法で分級を行います。様々な粉体に対応し、粉粒体の凝集や付着性の問題も解決。さらに、スクリーン交換や内部清掃が簡単で振動も少ないため、信頼性も高いです。粉末中の異物除去にも使用できます。お問い合わせまたはカタログのダウンロードにて詳細をご確認ください。

株式会社ダルトンのスパルタンミキサーは、ミキシングアームによりケース内全体を循環させ、チョッパーによって強力なせん断を与えることで、精密な混合を実現します。大型高速チョッパーにより高速精密混合が可能。付着・凝集性の強い原料も分散させることができます。ピンタイプまたはナイフタイプのチョッパーを選択することもでき、シンプルな形状により付着や残量がほとんどありません。微量添加剤の精密拡散混合に最適です。詳細についてはカタログをご覧いただくか、お気軽にお問い合わせください。

槇野産業株式会社では、お米を粉砕して米粉にするための「米粉粉砕機」を提供しています。米粉は和食から洋食まで幅広い料理に利用され、小麦アレルギーの方にも安心して食べることが可能です。乾式粉砕では平均粒径70μm、湿式粉砕では平均粒径30μm程度の米粉を製造できます。さらに、乾式と湿式を組み合わせた粉砕機も取り扱っています。詳細についてはPDF資料をご覧いただくか、お問い合わせください。

ハルツォク・ジャパン株式会社のHERZOG半自動微粉砕装置 HP-M100Pは、XRF分析前処理用の粉体試料を効率的に処理することが可能です。試料を投入するだけで、粉砕、試料回収、装置内部洗浄が自動で行われます。さらに、試料毎に運転パラメータを登録できるため、高い再現性を実現。消費電力も少なく、操作も簡単です。幅広い試料に対応可能で、粉砕時間の短縮と耐久性の向上を実現しています。

Thermo Fisher Scientific K.K.の「MaxQ 2000 CO2プラス」は、加湿対応型のため湿度95%のCO2インキュベーターの中でも使用可能です。オープンシェーカーとしても使用でき、優れた耐荷重とLEDディスプレイの外部コントロールボックスによる速度調節が特長。プラットフォームやクランプもアプリケーションに合わせて用意されています。詳細はPDF資料をご覧いただくか、お問い合わせください。

三庄インダストリー株式会社が開発した「ウインドクラッシャー」は、巻き込みやすい風車形粉砕刃と開閉を繰り返す可動ステータの組み合わせにより、より確実な粗粉砕を実現した機械です。粉砕刃の回転速度はゆっくりですが、巻き込みと剪断を繰り返し、粗粉砕を行います。板状の物でも粉砕刃上に残りにくい構造です。さらに、食品やセラミック成形シートなどの柔らかい原料の粗粉砕にも優れています。細かくするためにはウイングミル(低発熱粉砕機)との組み合わせも可能です。詳細は資料ダウンロードまたは直接お問い合わせください。

株式会社ダルトンのツインドームグランは、粉体機器の一種であり、造粒装置として使用される製品です。湿式押出式によりφ0.3mmの細粒の製造が可能であり、効果的な多孔板技術を採用しています。ツインスクリューの機能をコンパクトにまとめたツインドームグランは、医薬品や食品業界で求められる高度な衛生管理にも対応。湿潤粉体を扱う場合には、エアパージ方式ではなく分離ゾーニング方式を採用し、製品の品質を保証しています。詳細についてはカタログをご覧いただくか、お問い合わせください。

グローバルマテリアルズエンジニアリング株式会社は、粉体機器や粉体供給装置を提供する企業です。約100ページの総合カタログには、科学、製鉄、製紙、食品など多様な業界で活躍する製品が掲載されています。高精度で連続供給を実現する製品や、形状変化を防ぎながら定量供給が可能な製品、1基の貯留サイロからの多方向供給ができる製品など、様々な特長を備えた製品を詳しく紹介。さらに、新製品情報として、ロードセル内蔵型の連続計量供給機「Grain Checker 1.0 Ibuki」も収録されています。興味のある方は、カタログのPDFダウンロードや納入事例集も受け取ることができるので、お気軽にお問い合わせください。

三井電気精機株式会社が開発した超音波ホモジナイザーは、バッチ式および連続式の大容量・連続運転用です。実験室での連続運転やオプション部品の連続ホルダーを取り付けたり、生産用のシュミレーション実験を行うことができます。生産効率を向上させるために使用することが可能です。お問い合わせまたはカタログのダウンロードにて詳細をご確認ください。

株式会社ダルトンの撹拌造粒機、スパルタンリューザーは、粉体原料の精密な混合と高い歩留まりの微細粒をワンマシンで実現する多機能な機器です。円筒容器内壁をスクレイプするミキシングアームと、チョッパー部を備えた構造により、分散・圧密作用を繰り返しながら粉体原料を扱います。省スペースやイニシャルコストの低減に加えて、大幅な能力アップが可能。押出式造粒機の前工程としても利用できます。詳細はカタログをご覧いただくか、お気軽にお問い合わせください。

IKAジャパン株式会社の小型研究卓上実験機「magic LAB」は、乳化や分散、粉液混合、湿式粉砕などのプロセスを一台で行えるインライン実験機です。豊富なモジュールとオプションを備えており、あらゆるプロセスに対応可能。さらに、スケールアップも容易で、研究開発や高価な原料の研究にも適しています。

大豆や水溶物の粉砕・攪拌を効率的に行うことができる撹拌・粉砕機「ワーリングブレンダー2スピード型」です。特殊鋼製の強靭な一枚刃とワーリング社独自の容器形状により、液化、乳化や粉砕を効率的に行います。700W・1馬力のモーターを搭載し、モーターハウジングは常に清潔さを保ちます。低速と高速を選択できる2スピード型もあります。

『メガテックススクリーナー』は、大容量機種でありながら正確な分級と精度の良いふるい分けが可能な製品です。大量処理が可能で、同一目開きの多段仕様と大きい低回転水平運動により材料の分散・階層化を促進し、正確かつ大量な処理を実現しています。76mmの機械振幅による強いボールアクションは分級精度アップにも貢献。さらに、幅広なスクリーンデザインやコンパクトな設計、容易なスクリーン交換、低振動・低騒音などの特長もあります。

冷却容器付き粉砕機「ワンダークラッシャー WC-3C」は、融点の低い物質も溶かさずに0℃以下で粉砕することができる粉砕機です。容器内を0℃以下に保つ冷却機能と超高速モーターによる優れた粉砕性能を備え、生薬や薬草、錠剤、穀物、種子などの乾燥した試料も瞬時に粉砕することができます。デモ機の貸出も可能です。

移動式リサイクルブランドの『ペレック』は材料の造粒・固化、再資源化に適した小型から大型までの3機種をラインアップ。ユニット式なので設置と移動が容易、オプションで様々なニーズに対応、廃棄物や副産物の固化により再利用や資源回収が可能。ミキシング能力が高く内部まで混練できます。また、お客様の原料で試験もできます。

株式会社徳寿工作所の円型振動ふるい TMシリーズは、軽量でコンパクトなデザインに優れた分散性と網通過力を兼ね備えた万能汎用機です。振動構造は簡単でメンテナンスも容易であり、軽量・小型なため設置場所を選びません。枠は金属製で、ゴム・樹脂ライニングも可能です。また、投入口から排出口の位置変更もできますし、湿式・乾式を問わず広範囲な用途にご使用いただけます。

株式会社常光は、科学・理化学機器の専門メーカーです。粉体機器や粉砕機などの製品を提供し、世界中の大学や研究機関との共同研究を行っています。当社の製品は、イタリアIITでのグラフェン製造研究や東海大学での燃料電池用Pt触媒の高性能化研究など、多数の研究機関で活用されています。

株式会社ダルトンの振動ふるいは、GMP・HACCPに対応しており、異物除去や精密分級に優れた性能を発揮します。カートリッジ金網の採用により、ふるい金網の交換が迅速に行えます。また、軽量化されているため品種替えや少量多品種の切り替えも容易です。金網の線の脱落などコンタミのリスクも少なく、省スペースで使用できるほか、移動も簡単にできます。

石川金網は、産業用機械で使用される金属篩(ふるい)の制作を行っています。お客様の要望に合わせて、金網の張り替えやフレームを含めた制作、使用用途に合わせたメッシュの提案・開発が可能です。長い経験に基づいた品質管理も行い、金網の素材、仕様、寸法、取付仕様など、細かい要素にも柔軟に対応しています。

磁力選別 マグネットフィルタCS型〈湿式〉は、あらゆる液体中の微鉄粉を効率よく除去することが可能です。特に高温の処理液にも使用できるように設計されており、熱伝導防止のための隙間や絶縁油の注入などの工夫がされています。さらに、冷却効果を高めるために装備されているのは、フィンや放熱管、侵入防止用エアブリーザです。

ローテックススクリーナーは、清掃や部品交換が簡単で装置停止時間を最小限に抑えることができる粉体機器です。独自のオートマチックテンションデザインにより、スクリーンがフレームに装着され、均一なテンションを保ちながらふるい分け精度を向上させます。完全密閉デザインや耐久性のあるアルミニウム製トップカバー&スクリーンフレームなども特長です。

液体/粉体混合 Conti-TDSは、粉体を直接吸引導入できる吸引分散撹拌機です。粉体や液体、気体を液中に導入し、優れた混合効率を実現します。機器は粉体の浮遊を抑え、液中に粉体や液体、気体を吸引導入することが可能です。また、1500種類の粉体原料と異なる液体との処理能力が高く評価されており、作業者の危険リスクを低減する安全に使用できます。また、既存の撹拌タンクにも取り付け可能な点も特徴の一つです。

レッチェ 高エネルギーボールミル Emaxは、2000rpmの高速回転とユニークなジャーのデザインによって、強烈な摩擦力と衝撃力を生み出し、サンプルを高速粉砕する実験用粉砕機です。水冷式の採用と特殊な粉砕ジャーの形状により、試料の過熱を防ぎながら効率的に粉砕が行われ、均一な粒度分布が得られます。また、冷却の為のインターバルが不要で連続的に粉砕ができるため、粉砕時間の短縮することが可能。さらに、簡単な操作性と10件までの粉砕条件登録が可能なタッチパネルも魅力の一つです。メカニカルアロイングやナノレベルの微粉砕におすすめです。