ものづくり特化の製品比較サイト
キーワードから探す

画像処理用照明の製品一覧

対象製品21製品 1〜21件 を表示

ハヤシレピック株式会社のLED光源装置「LA-HDF8010」は、省スペースな設計ながらLED光源装置として最大光量を実現しています。中心照度は2,700,000ルクス(Lx)で、これは一般的な基準を大きく上回る数値です。特に精密な作業や研究分野での使用に最適で、明るくクリアな視界を提供し、作業の効率と精度を向上させます。また、約30,000時間の長寿命LEDを搭載しており、毎日8時間使用しても約10年間の長期安定運用が可能。さらに、マニュアルによる連続調光機能を備え、アナログとデジタルの両方で光量を細かく調節できるため、様々な状況に応じた最適な照明環境を実現します。

ハヤシレピック株式会社の「LA-HDF10/15シリーズ」は、高輝度4チップパワーLEDを採用し、中心照度は300,000ルクス(LA-HDF108AA/DA)と400,000ルクス(LA-HDF158AA)を実現しています。ハロゲンランプ(100W〜150W)に匹敵する明るさで、細部の観察や精密作業に最適。約30,000時間の長寿命LEDを搭載し、連続稼働に耐える安定性を提供します。また、LA-HDF158AAは効率的な強制ファン冷却、LA-HDF108AA/DAは静音性に優れたファンレス設計を採用。連続調光機能と外部制御機能も備え、多様な用途に対応可能です。

「高均一・積分球型光源 LSBS-600CRI」は、φ600mmの積分球を使用しています。輝度ムラ±1%以下の超高均一輝度面を持ち、高輝度出力40,000cd/m2を実現。高演色LED(Ra97)を使用しており、定電流駆動でフリッカなしの仕組みになっています。大型透過チャート評価にも適し、光量フィードバック制御により安定した輝度が再現可能です。詳細はPDF資料をご覧いただくか、お問い合わせください。

「ILC・IRCシリーズ」は、株式会社レイマックが開発した小型定電流コントローラです。IHV、IHVD、IHVE、IBFシリーズを抵抗BOXなしで直接接続可能な1chタイプのアナログ定電流電源コントローラとなっています。重量はわずか74gで、超軽量・小型タイプ。スペースの限られた場所にも設置できます。定電流制御に対応しているため、高速シャッターやラインセンサなど、画像処理に幅広く使用することが可能です。お問い合わせはこちら(https://www.ipros.jp/product/detail/2000351115)まで。

株式会社レイマックが提供するIHV-FX25Aシリーズは、画像処理用照明として使われる可変式超高輝度スポット照明です。筐体径25mmの小型サイズながら、照射範囲を自由に調節できるため、用途に合わせた光源が利用可能です。この照明は長距離照射にも対応し、φ5~φ250mmの広範囲に対応する集光率を誇ります。また、中心ピーク照度も高いため、高輝度を要求される環境での使用にも対応可能です。赤・白・青・緑の4色の発光色を取り揃え、用途に応じた柔軟な照明を提供しています。

株式会社レイマックは、画像処理用LED照明の開発・製造・販売を行っていて、その製品をまとめた「総合カタログ」を無料プレゼント中です。130ページにわたり、LED照明の特性や照明選択のポイントなど、豊富な情報を掲載しています。

株式会社レイマックが提供するIDRA-Tシリーズは、水平方向からの照射によって凹凸を強調するための画像処理用リング照明です。砲弾型LED素子の真横からの光源配置により、ワークに対して直接照射が可能です。この照明は刻印文字や表面の傷の検出が容易であり、打痕・刻印検査、エッジ検査などの応用に非常に有効です。さらに、拡散リングを追加することもできますし、ドーム照明と組み合わせることもできます。

株式会社レイマックは、産業用途の照明製品を製造するLED照明メーカーです。長年の経験と先駆的な取り組みにより、業界トップクラスの製品を展開しています。製品のカスタマイズや特注制作にも対応し、お客様のニーズに合わせた製品を提供しています。2023年のLED照明の総合カタログには、95シリーズ4400機種が掲載され、LED照明の選定を容易にしました。

『IDBC-LSRシリーズ』は、クリーンルーム環境下でも使用可能な自然空冷式ライン照明です。標準の高輝度タイプは、自然空冷方式でありながら120万lxの高輝度を達成、キズや打痕などの凹凸検査に有効です。高均一タイプ(-Sシリーズ)は、平行度の高い光のままでLEDの映り込みを低減します。特に金属の加工面、フィルム、光沢のあるシートなど効果的です。自由に選べる長さやカメラと同軸方向の照射が可能なハーフミラーBOX(オプション)もご利用いただけます。

株式会社レイマックの【Infraredシリーズ】は、パッケージ・液体・活字などの透過検査に最適な赤外照明です。IR透過により液中状態の認識が可能で、また文字や柄を透過するため容易な外観検査を実現することができます。さらに、可視光と同じ形状の照射の製作にも対応しており、ピーク波長850nm以外の波長(780/810/890/940nm)も豊富にラインナップ。

【IDBA-RKシリーズ】は、低価格の高性能ライン型照明です。光源・照明の画像処理に適していて、検査用蛍光灯照明の置き換えに最適です。200mm単位で200~2,400mmの発光サイズをラインナップ。輝度は10万cd/m^2以上と高い性能を誇ります。

【IMAR-8chシリーズ】は、8分割からの照射が自在なマルチポジションリング照明です。多チャンネルオーバードライブ電源「IJSシリーズ」と組み合わせることで、8方向からの照射を高速に切り替えることができます。これにより、全方向照射では見えない欠陥を捉えることが可能。また、ハレーションの起こりやすいワークにも対応しており、8方向から個別に照射して得られた画像を合成することで、ハレーションを抑えて撮像することができます。

【SAG-30M2シリーズ】は、株式会社レイマックが提供する画像処理用照明で、外部からのトリガー信号でオーバードライブ発光が可能です。発光時間は10〜990μsに対応し、定常光時に比べ約4倍の明るさを実現します。サイズもコンパクト化されており、アナログ0-5V制御とパラレル8bit制御の2機種が用意されています。

赤/白/青/緑/赤外のLEDを1台の照明に実装し、検査目的に合わせて自由に発光色をブレンドできます。可視光のフルカラー照明に加え、赤外までカバーし、波長ごとに独立して調光することも可能。また、照明形状にも柔軟に対応し、カスタマイズも。

外部トリガー出力機能を搭載しており、LED照明との同期が容易です。照明の調光点灯/消灯だけでなく、カメラへのトリガ出力同期制御もでき、撮影タイミングを最適化。さらに、拡張性も高く、選択肢の幅が広いのも特長です。さまざまな検査ソフトに対応し、マシンビジョン構築を容易にします。DINレール取付による制御盤組込型で、コンパクトに省スペース化。

高出力かつ小型のスポット照明。装置内やロボットアームの先端、実体顕微鏡の落射照明など、さまざまな環境に設置することが可能です。狭角配光と広角配光の2タイプを用意しており、オーバードライブ発光により明るさを3.5倍向上させています。白・赤・青・緑の8機種の発光色がラインナップ。

株式会社レイマックのIBFシリーズは、特殊光学レンズを採用した疑似平行光LED照明です。平行光照射により、目視検査用途において微細な傷や埃、指紋検査などが可能。またマシンビジョン用途では、小さな部品や透明ワークの寸法・形状計測に使用できます。さらに、遠くの場所でも照射できるため光電センサや作業指示・誘導灯としても使えるのが特徴。

ショットKLシリーズは、実体顕微鏡用の光ファイバー照明で、4タイプの光ファイバー光源とPURAVIS光ファイバーを組み合わせることで、柔軟性と高品質な光を提供します。適切な照明を使用することで、細部まで確認し、被写体の特徴を明確にすることができます。KLシリーズは幅広い用途に対応し、熱を与えられない対象物の照明に最適で、エコファイバであるPURAVISを使用し環境にも配慮しています。

株式会社レイマックの幅広バー照明IDBA-FDシリーズは、画像処理用に開発された高品質の光源です。発光面幅100mmを持ち、バックライト用途に最適な均一な照射光を提供します。さらに、長さ2400mmまでの大型ワークにも対応可能。発光色は白・赤・青の3色をラインナップしており、検査などさまざまな用途に活用できます。

ILPシリーズは、高密度かつ効率的な設計により、30W 2CHの小型で低価格なデジタルコントローラーを実現しました。視認性の良いデジタル表示で1000階調の調光が可能であり、DINレールへの取り付けも標準対応しています。さらに、パネル取り付け金具や机上スタンドのオプションも用意されており、さまざまな場面で活用が可能です。

日本ピー・アイ株式会社のファイバー光源装置は、250Wメタルハライドランプ搭載光源装置により、約1.8倍の高光量を実現していて、明るさが求められる場合に最適な製品です。