ものづくり特化の製品比較サイト
キーワードから探す

セキュリティ・監視システムの製品一覧

対象製品26製品 1〜26件 を表示

EIZOのIPモニター「DuraVision FDF2712W-IP」「DuraVision FDF2312W-IP」とIPデコーディングボックス「DuraVision DX0212-IP」は、LANケーブル・ハブのみで簡単に複数のIPカメラを接続できます。最大48台のカメラを登録し、32台までを同時に表示可能。4K映像信号の入力にも対応しており、高画質なカメラ映像をモニターに表示できます。詳細はPDF資料またはお問い合わせください。

EIZOの視認性向上システム「DuraVision EVS1VS」は、カメラやビデオレコーダーなどと接続し、撮影映像から補正すべき情報を割り出します。認識しやすいように視認性向上処理を行い、モニターにリアルタイムに表示するシステムです。監視者の異常発見やAIによる異常検知をサポート。社会インフラの保全業務や監視業務に最適です。また、より優れた視認性向上処理を行う上位機種EVS1VXも用意しています。詳細はPDF資料をダウンロードいただくか、お問い合わせください。

有限会社ギガ・テクノビジョンが提供する超小型2.4GHz帯高精細映像送信・受信伝送モジュールは、画像処理やセキュリティ・監視システムなどの活用に最適な製品です。非圧縮の映像通信を実現し、リアルタイムで高画質(NTSC:720p)な映像を送受信することができます。技適取得済みで免許不要なため、手軽に使用が可能。さらに、オプションで受信機の映像出力をフルHD(1080p)に対応させることもでき、受信機の改造や筐体組み込みにも対応しています。ISO9001・14001認証を取得した信頼性の高い日本製製品です。ドローン空撮システムの構築や技術的な支援にも応じています。

EIZOの23型IPモニター「DuraVision FDF2312W-IP」は、LANケーブルを介して最大32台のIPカメラを直接接続し、1画面に同時表示できるモニターです。PCを使用せず、設置が容易で、セキュリティ強化に役立ちます。イベント通知機能も搭載しています。

EIZOのIPソリューションはIoT機器と連携して、工場監視の効率を上げ、異常発生の素早い把握・対応を可能にします。製品に欠陥があった時や従業員が怪我をした時、さらに敷地内に不審者が侵入した時など、様々なアクションが可能です。品質の向上と従業員の安全を守ります。

EIZO株式会社のIPデコーディングボックス「DuraVision DX0212-IP」は、LANケーブル・ハブを介してIPカメラを直接接続し、接続したモニターに映像を出力することができます。最大48台のIPカメラを登録し、32台までのカメラ映像を1画面で同時表示することが可能です。PCレスで接続できるため、設置が簡単でセキュリティ面も強化。さらに、イベント通知機能も搭載されています。

AI(機械学習)画像処理技術を搭載した大型トラック専用の巻き込み事故警告システムです。サイドミラー下部に設置したカメラがブラインドスポットにいる歩行者・自転車・バイクを検知し、ドライバーに注意喚起を行います。AIによる歩行者・自転車・バイクの検知を実現し、検知時には音と光と映像でドライバーに警告を与えるため安全性が高く、さらに夜間でも見やすい高感度カメラを採用。後付け可能なため、既存の車両にも導入できます。

監視カメラ「遠隔監視ツールS-BOX」は、画像処理とセキュリティ・監視システムに特化した製品です。設置に面倒な工事は不要で、-30℃から+50℃までの過酷な環境下でも効果的に監視できます。録画機能と通信機能を1つの機器に備えており、電波が届く範囲であれば専用LANケーブルの敷設も不要です。100Vの電源があればどこでも設置でき、PCやスマホから事務所や外出先からでも確認可能です。製品の販売から設置工事まで一貫して対応しています。

AIを活用したリアルタイム音監視システム「エスカレイド」は、異常音を検知しアラートを上げることができます。映像監視では見えない場所や暗い場所の監視も実現し、故障前の異音を検知することで予知保全が可能です。さらに、ベテラン技術者の知見をAI化し、技術の蓄積・継承ができるため、様々な企業のニーズに合わせたカスタマイズも可能です。省力化や人的コストの軽減にも貢献し、機械や設備の保守点検にも効果的です。

保安・設備監視用受信ユニットEXR-500は、倒れコール送信機や漏水センサ送信機の監視をメインにした警報音付きの5CH受信ユニットです。設置環境をチェックできる電波環境点検モードも装備しており、最大60台の送信機を登録できます。日常点検や定期点検時に有効なテストモードも備えており、受信チェックが簡単に行えます。価格は87,000円で、納期は数量によって変動します。

「FacilityView(R) for PLC」は、専用のIoTゲートウェイ機器を利用して工場やインフラ設備内のPLCデータを収集し、クラウド上で可視化、蓄積、通知するサービスです。初期投資が不要で、年額料金制のシンプルなサブスクリプションサービスとして提供されています。データ収集に必要な設定はクラウドサービス側で行われ、専用のIoTゲートウェイ機器はLTE通信機能を搭載しており、通信SIMも提供されています。環境に優れた製品であり、LANケーブルで簡単に情報収集を始めることができ、即座に運用を開始できます。

「ゾーンスキャンNB-IoT」は、マンホール内に無線ロガーを設置し、毎日漏水の状況を把握する監視システムです。漏水箇所を正確に検出し、警報をメールで通知。データはクラウドに保存され、タブレット・スマホ・PCで情報共有や診断が行えます。職人技不要で経験に頼らず、的確な検知を実現し、人手不足解消に貢献。設置は簡単で、ロガーの2次元コードを読み込むだけで自動的に設定されます。必要な箇所を効果的に監視するなら、「ゾーンスキャンNB-IoT」をお試しください。

LANを介して最大32台のIPカメラを直接接続し、1画面に同時表示できます。設置が簡単で、セキュリティ強化に有効です。また、イベント通知機能も搭載。

近未来型環境モニタリングシステム。業界初の親機、子機、孫機による無線データ連携や電池駆動の差圧センサーを特長としています。さらに、スマートセンサーにはプラグアンドプレイ設計が採用されており、接続や校正、調整が簡単です。

無人・多拠点の現場運営を支援するための画像処理・セキュリティ・監視システムです。無人店舗の構築には安全性、操作性、情報把握が重要なので、鮮明な映像で現場の状況を遠隔地の担当者に伝え、スピーディな判断に貢献します。さらに、AI機能を使い侵入者の存在や現場の混雑状況を検知することも。

米国国防承認法(NDAA)セクション889に準拠したセキュリティカメラ&ビデオレコーダーシステムです。堅牢な機能と高い費用対効果を備え、4K HDビデオ解像度を提供しています。32チャネルで利用でき、最大40TBのハードドライブストレージを搭載。豊富な機能やコンプライアンスに準拠したソリューション、使いやすいインターフェースも特徴です。

画像処理とセキュリティ・監視システムの技術を組み合わせた革新的なソリューション。このシステムを導入した神奈川県三浦市役所では、夜間や休日の保冷庫温度異常の心配がなくなり、停電時でもシステムが稼働し、ワクチンの品質を保つことができました。また、スマホやPCから温度や電源異常を確認できるため、管理作業時間の短縮や業務効率化にも貢献。

監視・セキュリティ向けの23型フルHD液晶モニターです。HDMIを2系統、DVI-D、D-Subを搭載し、ネットワークレコーダーの映像表示に最適。フルハイビジョンの映像をドット・バイ・ドットで表示でき、ビデオカメラやレコーダーなどの録画再生機器との接続も可能です。また、24時間連続使用で2年間の長期保証や修理期間中の貸出機提供、保守契約などのアフターサービスも充実しています。

EIZOのIPソリューションは、鉄道関連施設におけるイベント通知機能で安全・安心を守りながら業務効率化を図るソリューションを提案しています。駅や運転指令所、列車倉庫などで、人々の安全を守るために他のネットワーク機器と連携し、イベントの通知を行っているのが特長。

Honeywellの35シリーズ「HN35 PLUS MAXPRO Cloud」は、セキュリティカメラ&ビデオレコーダーシステムであり、NDAAセクション889に準拠しています。堅牢な機能を備え、費用対効果が高く、4K HDビデオ解像度を備えているのが特徴。最大20 TBの内部ストレージを備えた8または16チャネルで利用でき、ダイナミックでわかりやすい監視機能や安全でコンプライアンスに準拠したソリューション、便利で柔軟なストレージオプションを提供します。

『SEES-1000シリーズ』は、大型車専用の巻き込み事故警告システムです。危険エリアの歩行者・自転車・バイクを高精度に検知し、ドライバーに警告を行い、事故の低減をサポートします。小型カメラで監視し、音と光と映像でドライバーに警告を与えることが可能です。また、ドライブレコーダとの接続も可能で、運用中の車両にも後付けができます。

非接触ICカードリーダライタを内蔵したプログラマブルなコントローラです。壁面に埋め込みもしくは露出して取り付けが可能で、建築用標準基材である2個用スイッチボックスに埋め込み設置できます。標準モデルから高機能モデルまでのラインアップがあり、多機能かつ柔軟に開発対応が可能な安価なICカードリーダターミナルです。

「Visual Factracer」は、映像とそれに紐づいた文字情報を同時に記録することで、瞬時に映像を検索できる映像検索システムです。作業状況の可視化や作業効率の改善に貢献し、測定データの監査にも応用可能。導入実績は多く、物流企業やスーパーマーケット、医療業界などで利用されています。

EIZOの最新IPモニター/IPデコーディングボックスは、最大32台までのネットワークカメラ(IPカメラ)に、LANケーブル・ハブだけを介して接続でき、1画面に同時表示が可能。PCや専用ソフトウェアが不要なため、設置や機器管理が容易です。また、特定のイベントに対して、モニターやネットワーク機器が行うアクションを設定する「イベント通知機能」を搭載。ネットワーク経由で、入退室管理システムやIPカメラ、火災報知器などの検知システム、VMS(ビデオマネージメントシステム/ソフトウェア)から通知されたアラートに、あらかじめ設定したアクション(画面のレイアウト変更、画面での警告表示、パトライトで警告表示など)を行うことが可能です。イベント通知機能は病院、鉄道、工場、銀行など様々なシーンで活用されています。

有限会社ギガ・テクノビジョンが開発した非圧縮映像送信モジュールは、重量60gの超小型で省エネながら、遅延や圧縮ひずみがなく、高画質の映像をリアルタイムで送信します。送信機と受信機は無数の組み合わせが可能で、さまざまな分野で有効です。また、受信機はフルHD映像出力に対応し、デジタルビデオ信号との接続も可能。電池006Pで動作し、屋外見通し距離は500m以上を実現しました。無線機の構築に最適で、ドローン空撮システムなどにも対応する技適取得済みの日本製品です。

小型GigE Visionカメラは、画像処理、セキュリティ・監視システム、監視カメラ、ロボット組込用途に最適です。WVGA解像度と5M解像度の2種類のボードカメラを提供しており、省スペース・省コストに貢献します。GigE Visionの特長である長距離転送(最大100m)とPoE対応による省配線が可能な点も強みです。作業の精度と効率を高めるために欠かせない産業用カメラとして、ロボット用途におすすめです。